WINNER ソン・ミンホ、入隊直前に誕生日ファンミーティング開催を発表

自己紹介文
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。
自己紹介
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。

・軍に入隊することを発表したWINNER(ウィナー)のソン・ミンホ(ミノ)が、誕生日イベント開催すると発表した。
・ファンミーティング『MINO STATION』でファンと直接会って、楽しい時間を過ごすという。
・ミンホは最近までJTBC『PEAK TIME』の審査員を務めていたが、入隊のために降板。彼の空席は、MAMAMOO(ママム)のムンビョルが埋めることとなった。


3月17日にバースデーイベントを開催することになったWINNERのソン・ミンホ。

WINNER(ウィナー)のソン・ミンホ(ミノ)が、入隊を控える中ファンと共に時間を過ごす。

YGエンターテインメントは、ファンコミュニティープラットフォームWeverse(ウィバース)で、ファンミーティング『MINO STATION』の開催を発表。

「どの年よりも意味深い、アーティストの誕生日に合わせて、インナーサークル(ファン名称)の方たちと直接会って、温かく有意義な時間を過ごすために、コミュニケーションできる場を設ける事にしました」と告知した。

『MINO STATION』は3月17日に行われる予定で、応募はWeverseで実施される。同イベントでは入場前後、及びイベント開催中は室内でのマスクの着用が義務化となる。

また、許可のない写真撮影や動画撮影は禁止で、摘発された場合は削除とメモリーカードの押収、強制退場、公式ファンクラブ会員の資格はく奪などの不利益を被る。

加えてビデオカメラの三脚や脚立など、撮影機器を所持していた場合は、入場も制限される。

ソン・ミンホは、3月24日より社会服務要員として代替服務を開始。

混雑による事故を防ぐため、現場でのイベントは行わない予定で、YGは「ソン・ミンホが国防の義務をしっかり果たし、元気に帰って来られるよう、皆さんあたたかい激励をお願いします」と伝えた。

ミンホは最近まで審査員を務めていた、JTBC『PEAK TIME』を入隊のために降板。彼の空席は、MAMAMOO(ママム)のムンビョルが埋めることとなった。

(TOPSTAR NEWS オ・ソリン記者/翻訳:Danmeeニュース部)

タイトルとURLをコピーしました