BTS ジン 12月13日入隊と韓国で報道‥最前線に配置の可能性を示唆

自己紹介文
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。
自己紹介
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。


・BTS(防弾少年団)の最年長、ジンが前方陸軍師団の新兵教育隊に入営すると韓国メディアで報じられた。
・これに対して、配置が最前線である可能性が高いという。
・10月、ジンは釜山での単独コンサート後、入隊する意志を明かしている。


BTS(防弾少年団)のジンが、入隊の意志を明らかにする中「12月13日に入隊」と、韓国メディアで報じられた。

韓国メディアで12月13日入隊と報じられたBTSのジン。

11月24日の連合ニュースによると、ジンは12月13日に京畿(キョンギ)道漣川(ヨンチョン)にある部隊の新兵教育隊に入隊し、5週間の訓練を受けることになるという。そしてその後、一線部隊に配置される予定だと伝えた。

ジンは10月13日に、ファンコミュニティープラットフォームWeverse(ウィバース)で「(軍隊)最前線に立ちます」と言及し、注目を集める。

自隊配置の場合約70~80%が、入営した訓練所付近の師団に配置される。そのため、ジンの自隊配置も最前線である可能性が高いという。

ジンは、2020年に改正された兵役法によって、文化体育観光部長官の入営延期推薦を受けており、2022年末まで入隊延期が適用されていた。

しかし、彼の所属事務所であるHYBEは10月17日午後、公示を通して「ジンが今月末入営延期の取り消しを申請して、以降兵務庁の入営手続きに従う予定だ」とし「他のメンバーも、それぞれの計画に沿って、順次兵役を履行する」と発表。

ジンは、アルゼンチンのブエノスアイレスで行われた、Coldplay(コールドプレイ)のワールドツアーで共にパフォーマンスを披露。

コラボレーション楽曲『The Astronaut』の舞台を飾り帰国した後、入営延期の取り消し申請書を提出した。

(TOPSTAR NEWS キム・ヒョンソ記者/翻訳:Danmeeニュース部)

タイトルとURLをコピーしました