BTS ジョングク、一瞬にしてカメラの前から消えたのはナゼ!? 予想だにしなかったスタッフの一言にビックリ… 余裕あふれる姿から一転、彼が見せた戸惑いと素直な反応がかわいすぎる

BTS(防弾少年団)
自己紹介文
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。
自己紹介
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。

BTS(防弾少年団)ジョングクが、一瞬にしてカメラの前から消えてしまった。彼を襲った予期せぬ展開とは、いったい何だったのだろうか。

世界を熱狂させるワールドスターとなっても決しておごることなく、たゆまぬ努力によって日々自分を成長させているジョングク。どんなときも熱心に仕事に向き合っているジョングクだが、そんな彼が収録中に見せたあるリアクションに注目が集まっている。

6月10日にAnthology Album『Proof』でカムバックし、約2年半ぶりに音楽番組に出演したBTS。世界をまたにかけて活躍する彼らが久しぶりに韓国の音楽番組に登場することは、情報が解禁されるなり大きな話題に。いつも変わらない気持ちでファンを愛する彼らの様子に、ファンはあらためて感動した。

そんな音楽番組の収録中、ジョングクスタッフの言葉に素直すぎるリアクションを見せていたことが明らかになった。そんなジョングクの姿が目撃されたのは、9月17日に公式YouTubeチャンネルに公開された、カムバック活動のビハインド映像でのことだ。

音楽番組「人気歌謡」の収録のため、深夜3時過ぎにスタジオに集まったBTS。深夜とは思えないほどハイテンションにステージをこなしていくメンバーたちの中、ジョングクVは高さのあるパーテーションからひょっこりと顔を出し、控え室の様子を上から観察。そんな2人の姿を、ジミンは「屋上の塀があるところに大きい犬2匹がいるみたい」と例えた。

そしてそんなおふざけの時間もつかの間、「僕は行きますね」と先に退場したV。どうやらVには、まだまだ用意しなければいけないことがいっぱいのようだ。そんなVを横目に、余裕あふれる様子で「Vヒョン、直しに行かなきゃいけないみたいです~」と呼びかけたジョングク。上からスタッフの動きを観察し、Vが次やるべきことを先回りして教えてあげた彼だったが、しかし次の瞬間、スタッフはそんなジョングクの言葉にかぶせるかのように「ジョングクさんも行かないといけません」とバッサリ。すぐさま彼にもミッションを与えたのだ。ジョングクはそんなスタッフの言葉に口を膨らませ「…仕方ないな」とでもいうかのような表情を浮かべると、まるで勢いよく落下するかのような素振りでパーテーションから姿を消した。

[EPISODE] BTS (방탄소년단) ‘Proof’ Music Show Promotions Sketch(該当シーンは9分23秒頃~)

余裕あふれる態度でVに「メイクを直しにいかないと」と呼びかけたのもつかの間、すぐさま自分にも招集がかかってしまったジョングク。不意を突かれながらも納得し、あっさりカメラから消える様子がかわいすぎると、ファンは大笑いしている。

BTS ジョングク

BTS ジョングク、大好きなあの女性アーティストの「推し活」を満喫! 待望のコンサートになんと2日連続で参戦…!? 彼女への変わらない愛を見せる大ファンぶりにARMYも超共感&大喜び

2022年9月20日
(左)BTS ジョングク(右)ジン

BTS ジョングク、私生活についてジンから叱られる! その理由は○○をほったらかしにしていたから… 正直すぎる指摘とあわてる彼のリアクションが面白すぎる

2022年9月19日
BTS ジョングク

BTS ジョングク、大好きなラーメンが食べられなくなっていた! じつは○○が体に合わない… 彼を襲ったその悲劇にファンからも心配の声「あんなにラーメンを愛してるのに」

2022年9月18日
BTS ジョングク

BTS ジョングク、自分の美しいビジュアルに大満足! 彼自身も心を奪われたその写真とは…? 「僕じゃないみたい」うれしそうに見つめるその様子がかわいすぎる

2022年9月15日
BTS ジョングク

BTS ジョングク、意外な私生活を暴露される! 「23時くらいになると元気になって…」 彼をよく知るメンバーたちの証言にびっくり… 彼のおちゃめな様子が目に浮かぶようだとファン興味津々

2022年9月14日
タイトルとURLをコピーしました