2PM テギョン出演 新韓ドラ「ブラインド」登場人物や関係に関心

自己紹介文
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。
自己紹介
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。

tvNドラマ『ブラインド』が初放送を控え、登場人物に対する関心が集まっている。本作では、無念の被害者となった平凡な市民たちと、不都合な真実に目をつぶった加害者たちのストーリーを描いている。


tvNドラマ『ブラインド』が初放送を控えた中で、登場人物に対する関心が集まっている。

tvNドラマ『ブラインド』で主演を務めるオク・テギョン

9月16日に放送される『ブラインド』は、無念の被害者となった平凡な市民たちと、不都合な真実に目をつぶった加害者たちのストーリーを描いている。

これと関連し、本作の中の人物関係にも視線が集まっている。

オク・テギョン(2PM)が演じるリュ・ソンジュンは、強力4チームの巡査長だ。無鉄砲な性格に見えるが、父親は最高裁判所判事、母親は福祉部長官の任命を控えている金持ち家系の次男だ。しかし、時々自身の記憶が、自分のものではないような気がしている。

ハ・ソクジンが演じるリュ・ソンフンは、ムヨン地方裁判所刑事合意44部の判事だ。未来の最高裁判所長官候補に挙げられたが、不敬罪でソウル市郊外のムヨン市地方裁判所に左遷された。

チョン・ウンジ(Apink)が演じるチョ・ウンギは、社会福祉士。恩人であるリュ・イルホ判事と出会ったのが天運であり、人生の転換点になった人物だ。

これと共に、ムヨン警察署の人々、陪審員、希望福祉院の息子など、様々な主助演者が出演し、ドラマに魅力を加えている。

『ブラインド』は、毎週金曜日と土曜日の午後10時40分、韓国のtvNで放映される。

(TOPSTAR NEWS キム・ヒョンソ記者 / 翻訳:松原すずの)

タイトルとURLをコピーしました