称賛が止まらない! BTS V、カリスマあふれるRMに超メロメロ! ジョングクのひざに寝ころんだまま、画面に映る姿にくぎづけに… しみじみ「カッコいい」とつぶやく様子がまさにファンだとARMYほっこり

BTS(防弾少年団)
自己紹介文
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。
自己紹介
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。

BTS(防弾少年団)Vが、同じくメンバー・RMのカッコよさにメロメロになる様子が話題に。RMへの思いを素直に打ち明ける姿に、注目が集まっている。

カメラの前に立つたび、だれもがくぎづけになる美しさとカリスマで人々の視線を集めるV。そんなVの姿を一目見ようと、彼のいる場所には常に大勢のメディアが殺到し、彼が見せるワールドスターとしての品格は、いつも世界中のファンをトリコにしている。

そしてそんなVにも、「カッコいい」という賛辞がやまないほど、心を奪われる存在がいたようだ。Vが惜しみない称賛を送ったその人物とはずばり、今や10年以上もの月日を共にしているメンバー・RMだ。

1月22日、BTSの公式YouTubeチャンネルに、コンサート「WORLD EXPO 2030 BUSAN KOREA CONCERT BTS <Yet To Come> in BUSAN」のビハインド映像が公開された。昨年10月、WORLD EXPO 2030の釜山誘致を願い、釜山にて一夜限りで開催されたこの公演。ビハインド映像では、たった1回という公演数を惜しみながらも、公演をオンライン・オフラインで楽しむ世界中のファンに最高のステージを届けようと、練習やリハーサルに励むメンバーたちのプロフェッショナルが明らかとなった。

そんなビハインド映像の中で、Vが尊敬するRMへの素直な思いを口にする場面があった。練習室にこもり、初披露する楽曲「Run BTS」のダンスに全力投球していたメンバーたち。息つく間もない激しいダンスに苦戦しながらも、メンバーたちは何度も動きを合わせ、パフォーマンスをよりブラッシュアップさせる様子を見せた。

ひとしきり動きを合わせた後、みんなで床に座り、今度はモニタリングに集中したBTS。Vあぐらをかくジョングクの足に頭を載せ、甘えるような姿を見せた。するとVは、モニタリング中のj-hope「ナムジュン(RMの本名)のパートカッコいいね」とつぶやいた途端、間髪入れず「RMさんのパートカッコいいよ!!」と同意。寝ころんだまま画面を見つめたVは、そう勢いよくj-hopeの意見に賛同すると、その後も噛みしめるかのように「すごくカッコいい」とぽつり。はたから見ていてもくぎづけになるRMのカリスマに、まるでファンのように魅了されたのだ。

BANGTANTV / YouTube

BANGTANTV / YouTube

[EPISODE] BTS (방탄소년단) @ “Yet To Come” in BUSAN(該当シーンは4分05秒頃~)

RMの卓越した実力とカリスマを前に、彼に対し「すごくカッコいい」と推しみない称賛を送ったV。甘えるようにジョングクの足に寝ころびながら、RMが映るモニターにくぎづけになる様子がかわいすぎると、ファンはこのワンシーンにほっこりしている。

BTS V

過激なワードはNG! BTS Vの放送事故の防ぎ方が斬新!? 健全な放送のためジョングクらとのゲームを終了… 彼が警戒した理由がかわいすぎる

2023年1月25日
(左)BTS V(右)j-hope

表情がムカつく!? BTS V、j-hopeを一瞬でイラつかせる! 原因は彼のワイルドすぎるまなざし…? ファンとは正反対なコメントを放つj-hopeの本音に爆笑

2023年1月23日
BTS V

スタッフの仕事ぶりに驚愕! BTS Vの美貌を超至近距離で見ても、一切動じずに仕事をこなす… ファンには信じがたい光景だと注目殺到

2023年1月17日
(左)BTS ジョングク(右)V

ウソはついてない!? BTS V、ジョングクの裏切りに超ショック! 悲劇を受け入れられないVのリアクション & 末っ子の予測不可能なたくらみに爆笑

2023年1月11日
BTS V

BTS Vのことを最も理解している人物は一体ダレ? それはずばり、彼と多くの時間を共にしているアノ2人… 満面の笑みで「僕のことを知りすぎてる!」と太鼓判を押す様子がかわいすぎる

2023年1月6日
タイトルとURLをコピーしました