ヒョンビン 出演映画 ‘共助2’ 公開初日に21万人を動員!ボックスオフィス1位に

自己紹介文
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。
自己紹介
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。

映画振興委員会KOBISによると、9月7日に公開された映画『共助2:インターナショナル』が、公開初日に21万6243人の観客を動員し、ボックスオフィス1位を記録したという。


映画『共助2:インターナショナル(以下、共助2)』が、公開初日にボックスオフィス1位を占めた。

公開初日にボックスオフィス1位を記録した映画『共助2:インターナショナル』

9月8日、映画振興委員会KOBIS(映画館入場券統合電算網)によると、同月7日基準で『共助2』(監督:イ・ソクフン)は、21万6243人の観客を動員。累積観客数は22万7341人だという。

この日、全国2167カ所のスクリーンで上映され、スクリーンシェア率40.7%、上映シェア率60.5%、座席シェア率66.3%を記録した。

公開初日の成績は、2017年に公開された映画『コンフィデンシャル / 共助』(監督:キム・ソンフン)の15万1845人と比べても圧倒的な差だ。

当分の間、韓国国内のボックスオフィス1位の座は『共助2』が守るものと予想される。

KOBISによると、8日午前1時35分頃基準、『共助2』の前売り率はなんと64.3%。前売り観客数は26万5307人を記録し、圧倒的な存在感を放っている。

映画『共助2』には、ヒョンビン、ユ・ヘジン、ユナ(少女時代)、ダニエル・ヘニー、チン・ソンギュなどの俳優陣が出演する。

ボックスオフィス1位を記録し、軽快にスタートを切った『共助2』が、今後どんな成績を記録するかに注目が集まっている。

(TOPSTAR NEWS イ・ウネ記者 / 翻訳:長谷川朗子)

タイトルとURLをコピーしました