ク・ハラさん、逝去から今日(11/24)で3年‥変わらずに輝き続ける“星”

自己紹介文
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。
自己紹介
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。


・ガールズグループKARA(カラ)出身の歌手、ク・ハラさんがこの世を去って今日で3年となる。
・ク・ハラさんは2019年11月24日、ソウル市江南(カンナム)区にある清潭洞(チョンダムドン)の自宅で、心肺停止の状態で発見された。
・28歳(日本年齢)という若さだった。


KARA(カラ)のメンバー、ク・ハラさんが逝去してから3年の時が過ぎた。

ハラさん逝去から早くも3年の時が過ぎた。

28歳(日本年齢)という、あまりにも早い別れだった。

ハラさんは2019年11月24日、ソウル市江南(カンナム)区にある清潭洞(チョンダムドン)の自宅で、心肺停止の状態で発見された。

当時彼女は、かつて恋人関係にあったチェ・ジョンボム氏と係争中だった。

2018年9月、チェ氏はハラさんの自宅で彼女に暴行したという疑いで、警察から聴取を受ける。

その後、ハラさんは“リベンジポルノ”を理由に自身を脅迫したチェ氏を脅迫、性犯罪処罰法違反などで告訴。そして同氏は強要、脅迫、性暴力犯罪処罰などの特例法違反の疑いで在宅起訴された。

一方で、彼女の逝去後には遺族間の相続財産分割議論が勃発。

ハラさんと実兄の幼少期に家を出て行った実母は、養育をしていないにもかかわらず、財産分与を要求した。

これに激怒した実兄は、扶養していない親に相続を制限する“ク・ハラ法”を改定、該当法については、現在国会で係留中だという。

ク・ハラさんが所属していたKARAは、2022年に約7年振りに完全体となってカムバックすることを発表、11月29日に15周年記念アルバム『MOVE AGAIN』を発売する。

(TOPSTAR NEWS ペ・イェウン記者/翻訳:Danmeeニュース部)

タイトルとURLをコピーしました