キム・ゴウン出演「シスターズ」放送スタート!第2話が同時間帯視聴率1位に

自己紹介文
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。
自己紹介
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。

9月3日に初放送を迎えたtvN(Netflix)ドラマ『シスターズ』の第2話が放送され、ケーブルと総合編成チャンネルを含む同時間帯の1位を占めた。


tvN(Netflix)ドラマ『シスターズ』が、同時間帯1位の視聴率を記録した。

tvN(Netflix)ドラマ『シスターズ』で主演を務めるキム・ゴウン

9月4日に放送されたtvN土日ドラマ『シスターズ』第2話の視聴率は、首都圏世帯基準で平均8.5%、最高9.9%、全国世帯基準で平均7.7%、最高9.0%で、ケーブルと総合編成チャンネルを含む同時間帯の1位を占めた(ニールセンコリア有料プラットフォーム基準)。

この日の放送では、真実を追うオ・インジュ(キム・ゴウン扮)と、オ・インギョン(ナム・ジヒョン扮)の姿が描かれた。

ジン・ファヨン(チュ・ジャヒョン扮)が残した20億ウォン(約2億円)を確認したオ・インジュは、「彼女の死は自殺ではないかもしれない」と疑い、シン・ヒョンミン(オ・ジョンセ扮)とチェ・ドイル(ウィ・ハジュン扮)の元を訪ね、裏金探しを手伝うことを申し出る。

最初に向かったのは、経理のジン・ファヨンの家だ。ここでオ・インジュは、ジン・ファヨンの華麗な”裏の顔”を発見する。彼女はシンガポールに拠点を置き、派手な暮らしぶりをSNSの秘密アカウントに綴っていたのだ。

オ・インジュは「次は私の番だったんですね」とシン・ヒョンミンに詰め寄るが、彼は平然としている。「ジン・ファヨンは自ら横領に加担した」という話に続き、シン・ヒョンミンは「ジン・ファヨンは知らなかった。世の中には本当に怖いものがあるということ、そして誰かがあの上にいるということをね」という意味深な言葉を残す。そしてその瞬間、彼が乗った車が轟音とともに立体駐車場の外に落下。この有力な容疑者シン・ヒョンミンの事故は、オ・インジュを混乱に陥れることとなる。

オ・インギョンは、停職命令に屈することなく取材を続ける。ボベ貯蓄銀行事件当時、パク・ジェサン(オム・ギジュン扮)が弁護を担当した、キム・ダルス頭取の甥キム・チョルソン(チャ・ヨンハク扮)に接触を試みる。しかし彼は約束の場所に現れなかった。到着直前、謎の交通事故に遭っていたためだ。

この最中、オ・インギョンに衝撃を与えるもう1つの事件が起こる。末っ子のオ・インヘ(パク・ジフ)の絵画で、美術大会で大賞を受賞したパク・ヒョリン(チョン・チェウン扮)の姿を発見したのだ。オ・インヘとパク・ジェサンの娘パク・ヒョリン‥その危険な関係が危機を暗示する。

『シスターズ』は、毎週土・日の夜9時10分から韓国のtvNで放送される。

(スポーツ韓国 チョ・ウネ記者 / 翻訳:長谷川朗子)

タイトルとURLをコピーしました