‘ウ・ヨンウ弁護士’出演 カン・テオ 軍入隊を控え「実感が湧きません」心境明かす

自己紹介文
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。
自己紹介
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。

俳優のカン・テオが、8月25日に放送されたKBS 2TV『芸能ライブ』に出演し、軍入隊を控えた所感を明かした。番組内では、ENA(Netflix)『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』で注目を集めたイ・ジュノ役についても言及している。


ENA(Netflix)『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』のカン・テオが、軍入隊を控えた所感を明かした。

KBS 2TV『芸能ライブ』に出演し、軍入隊を控えた所感を語ったカン・テオ

8月25日に放送されたKBS 2TV『芸能ライブ』には、『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』のイ・ジュノ役で活躍した俳優のカン・テオが出演。

カン・テオは、イ・ジュノというキャラクターについて、「ジュノはとても、ファンタジーのようなキャラクターだと言われます。負担にはなりましたが、ヨンウと愛の感情が展開される部分がとてもやってみたかったです」と話す。

自身とイ・ジュノの違いについては、「ジュノは、私よりもっと繊細で和やかです。私にもそういう点がそれなりにあると思いますが、ジュノはもっと繊細です」と伝えた。

さらに「軍入隊の実感が湧きません。令状はまだ来ていません。令状が来れば、行く準備をしなければなりませんが、家に帰るたびに郵便受けを見ています。(郵便受けに)何かあれば、(令状なのか)見て、”あ、国民年金だった”というようなことを繰り返しています」と笑う。

そして「私という人間を知っていただき、ドラマを楽しく見てくださっただけでも大きなプレゼントです。私はしばらく、空白期間を迎えることになりますが、元気な気持ちで入隊し、今よりさらに大人になった姿で、かっこよく戻ってきます」と話した。

(スポーツ韓国 チョ・ウネ記者 / 翻訳:松原すずの)

タイトルとURLをコピーしました