イ・ジョンソク「すごく会いたかった」4年ぶりのファンミーティング開催

自己紹介文
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。
自己紹介
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。

俳優のイ・ジョンソクが、空白期間を待ってくれたファンに感謝の気持ちを伝えるファンミーティングを開催し、4年ぶりにファンと再会した。終了後には、来場したすべての観客と挨拶を交わす”お見送りイベント”が行われ、大きな反響を呼んだ。


俳優のイ・ジョンソクが4年ぶりにファンと再会した。

4年ぶりにファンミーティングを開催した俳優のイ・ジョンソク

9月12日、ソウル・ブルースクエアマスターカードホールで、イ・ジョンソクのファンミーティング『RE, JONG SUK』が開催された。

今回のファンミーティングは、彼が空白期間を待ってくれたファンに、感謝の気持ちを伝えるために企画したもので、前売り券は発売開始と同時に全席完売を記録した。

この日イ・ジョンソクは、god(ジーオーディー)の『Again』を歌いながら登場。数年間息を合わせているハ・ジヨンの穏やかな進行の中、”書き直すプロフィール”、”TMIクイズ”、”君の話が聞こえる”などの様々なコーナーを繰り広げる。

2部では、MBCドラマ『ビッグマウス』ファミリーのヤン・ギョンウォンとオ・ウィシクが参加。3人はドラマのビハインドストーリーを披露し、さらに会場を楽しませた。

続いて”イ・ジョンソクの趣向ワールドカップ”、”バスケットボールゲーム”などが行われた。

当初100分の予定だった公演時間は大幅に超え、約180分に渡る公演中、イ・ジョンソクとファンは意味深い時間を共にした。

彼は「ファンミーティングを準備しながら、たくさん悩んで、”これ以上あげられるものはないか”と考えました。皆さんにその気持ちがちゃんと伝わったか心配です。”皆さんの辛い日に思い浮かぶ名前になる”と約束したので、いつもカッコイイ人でいないといけないのに、未だに足りない部分があるようです。それでも、その約束のおかげで、”もっと良い人になろう”と努力しながら生きています。応援してくださって感謝しています。僕もすごく会いたかったと、愛していると、どうしてもお伝えしたかったです」と思いを伝えている。

イ・ジョンソクはファンミーティング終了後、来場したすべての観客と挨拶を交わす”お見送りイベント”で感動を与えた。また観客全員にMDを贈呈する”逆プレゼントイベント”も大きな反響を呼んだ。

(スポーツ韓国 チョ・ウネ記者 / 翻訳:長谷川朗子)

タイトルとURLをコピーしました