「わずか1000ウォンの弁護士」ナムグン・ミン、殺人犯パク・ソンジュンの依頼を受ける【ネタバレあり】

自己紹介文
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。
自己紹介
はじめまして、ROOTと申します。 インターネットビジネスをしつつ、様々なビジネスモデルを模索しております。 サイトをご覧になられた方で広告の掲載、マッチングビジネスをご希望の方は、是非メールフォームにご連絡をお待ちしております。

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。こナムグン・ミンが両親を殺害した事件の被疑者の弁護を担当することになった。韓国で1日に放送されたSBS金土ドラマ「わずか1000ウォンの弁護士」で、チョン・ジフン(ナムグン・ミン)は新しい事件を引き受けることになった。チョン・ジフンとペク・マリ(キム・ジウン)、事務長(パク・ジヌ)は稀代の殺人事件の被疑者を弁護してほしいという依頼を受け…
全文

タイトルとURLをコピーしました